7.高齢者向けのメイク落とし

若い人には若い人用のメイクのテクニックが有り、またそのための化粧品がたくさん市販されています。そしてまた同じように少しだけ年齢を重ねた婦人層の為のメイクの方法が有り、そしてそういった年齢層をターゲットにした化粧品もたくさん有ります。ですがいまやメイクはそういった年齢層のだけのものでは有りません。現在は高齢社会を反映してか、高齢者向けのメイクも注目されつつあります。先に触れた年齢層の女性と同じように、高齢の女性にも高齢者向けのメイクの方法が有ります。そして同様に高齢者向けのメイク用の化粧品、及びメイクのテクニックやコツが有ります。これらを上手に使いこなせば、高齢者の方でも幾らでもその美しさを堪能することができます。女性はたとえ何歳になっても美しくありたいと思うものです。そして或る意味美しくいたい、という気持ちが生きがいを生むのです。以前とある老人ホームで老人ホームに入居する高齢者の女性を対象にしたメーキャップ教室なるものが開催されました。それには多くの老人ホーム入居者が参加したそうですが、驚くべきことにこのメーキャップ教室に参加した入居者達がその機会に習った方法を基にして、普段からメイクをするようになった結果、その前に比べて明らかに普段の顔色もよくなり、そして健康になったそうです。こんなことからも、メイクの思わぬ効果が実証された、と言ってもいいかもしれません。とにかくメイクを楽しむことに定年は有りません。いつまでも、何歳になってもメイクを楽しむことができるのです。
現在は高齢者向けのメイクが確立されていて、高齢者でもメイクを楽しむことができる、と書きました。もっとも高齢者向けのメイクの場合、高齢者特有の事情によって、色々と気をつけなければならないこと、留意しておくべきことがあります。それはメイクを始める前、メイクの途中、そしてメイクを行なった後のいずれにもあてはまります。そして勿論高齢者がメイクを楽しむのなら、メイクを楽しんだ後にするべきこともあります。ここでは「高齢者向けのメイク、その後」ということで、高齢者向けのメイクを行なった後にするべきことについて紹介していくことにします。


・メイクオフ・クレンジング
私達がメイクを施す場合、メイクそのものも勿論ですが、その後メイクを落とすことも非常に大切になってきます。高齢者向けのメイクの場合でも例外では有りません。メイクを楽しんだ後は、肌を健やかに保つために正しくクレンジングを行いましょう。
ところでメイクの後のメイク落とし、クレンジングは何故大切なのでしょうか。何故それらをきちんと丁寧に行なわなければならないのでしょうか。クレンジングの目的は、メイクアップ化粧品やほこり等肌表面に付着する汚れや、或いは皮脂や角質などの体内から排出される汚れを落とすことにあります。そうすることで肌に余計な負担をかけないことが基本です。もしこれらを怠ると、肌のトラブルの原因になってしまいます。高齢者向けのメイクの場合も勿論例外では有りません。
高齢者向けのメイクの場合でしたら、クレンジング剤を選ぶ際には、保湿効果がありマッサージ用としても使用できるコールドクリーム(拭き取りタイプ)を選んで使用することをお勧めします。
それではこうしたクレンジング剤は実際にはどのように使用したらいいのでしょうか。まずは500円硬貨大のクリームを手のひらに取ります。そして毛穴の奥、或いはしわの溝の間に入ったメイクや汚れを浮き上がらせるようにして、そして優しくマッサージしていきます。
そのようにマッサージをした後も、厚め、もしくは2枚重ねにしたコットンを使ってクリームを拭き取ります。その際、肌のべたつきを取るために、精製水または水を含ませたコットンで再度拭いていきます。決して力をいれず、優しく拭いてあげましょう。
また高齢者向けのメイクで洗顔を行なう場合は、泡立てネット等で泡立てたたっぷりの泡(ちなみに泡の大きさ、量としては卵2個分が目安となります。)でやさしく洗顔しましょう。この際強く擦ることは厳禁です。私達が普段メイクを落とす場合と同じです。高齢者向けのメイクだと尚更です。この際手の力の入れ加減には注意しましょう。
また、設備の関係で洗顔によるクレンジングが困難の場合は、所謂クレンジングシートを活用しても良いでしょう。

一日の肌の汚れと疲れを取った後は、栄養を補給するためスキンケアで肌を整えます。私達もそうですが、高齢者向けのメイクの場合でも同じです。高齢者向けのメイクでしたら、特に念入りに、優しくスキンケアをしてあげてください。 $q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>